INTERVIEW

先輩職員の声

HARUKA SEINO

清野悠

作業療法士

MY WORK STYLE

作業療法士としてはもちろん、人としても成長できる環境だと感じています。

―Q.清野さんが寒河江市立病院を就職先に選ばれた理由を教えてください。

A.作業療法士になることを目指してから、山形県内での就職を希望していました。寒河江市立病院は、実家から近いということもあり、とても馴染みがあるように感じました。そんな馴染みある場所で、私も作業療法士として地域の方々に貢献できればと思い、寒河江市立病院を志望しました。

―Q.勤務体制や1日の流れを教えてください。

A.午前は主に外来通院中の患者さんのリハビリ、午後からは入院中の患者さんのリハビリを行っています。また、入院されている方については土曜日もリハビリを行っています。月に1~2回程度の当番制になっており、その分の振替休暇も取得できるため、仕事と私生活ともにバランスの取れた勤務体制になっています。

―Q.職場の雰囲気はどうですか?

A.とても明るく賑やかな雰囲気です。業務に関することはもちろんですが、プライベートなことでも気軽に話しができ、相談にのっていただいたり、アドバイスをいただいたりと先輩方は親身であり、活気のある職場だと感じています。

JOB

SATISFACTION

―Q.清野さんは作業療法士としてどんなやりがいを感じますか?

A.私自身、作業療法士としてまだまだ未熟なところもあり、様々な患者さんと関わらせていただく中、常に勉強させていただいています。その患者さんに合った最適な治療法を提供し、その結果、改善が見られた時にはとても喜びを感じます。

―Q.寒河江市立病院に就職してみて良かったことはなんですか?

A.頼もしい先輩方に囲まれ、仕事に関することからプライベートなことまで話しができ、悩んだ時はサポートしていただき、作業療法士としてはもちろん人としても成長できる環境だと感じています。入職当時は不安もありましたが、そんな先輩方と一緒に患者さんのどんな治療が最適なのか、日々勉強させていただける環境にとても良かったなと感じています。

INTERVIEW

先輩職員の声

ENTRY

寒河江市立病院ロゴ

診療科目

受付時間

午前8:30〜午前11:30

(眼科は午前11:00まで)

※診療受付曜日は診療科ごとに違いますのでご確認願います。

kyuusyoku7_edited_edited.jpg

〒991-8508  山形県寒河江市大字寒河江字塩水80番地  |  電話:0237-86-2101  |  ファックス:0237-86-9578 

Copyright (C) Sagae City Hospital All Rights Reserved.

  • f2-04